News
  • share with weibo

Japan|SNS生まれの新ブランドAKTE、クリエイティブ・ディレクター橋本江莉果の思いとは

Mar 6, 2018.丁 雪晴Tokyo, JP
VIEW3913
  • share with weibo

2018年2月22日(木)に株式会社S & co.の新ファッションブランドAKTE(アクテ)のオンライストアが公開された。“飽きのこないシンプルなもの、少しの遊び心があるもの”がブランドのコンセプト。AKTE は10年以上前からSNSで活躍して来た橋本江莉果がクリエイティブ・ディレクターを務めるファッションブランドである。彼女にブランドへの思いを聞いた。

—AKTEを立ち上げたきっかけは何ですか?
橋本: SNSというものが流行りはじめた10年ほど前から自分でも発信を始めて、その中でファッションに携わることをずっとやってきました。読者モデルをやっていて、そこからブランド立ち上げのアドバイザーをやってみたり、アーティスト活動をしてみたり、常にその場その場でファッションに紐付く立場にいました。
今年30歳になりますが、女性にとっての30歳は分岐点というか、今後何かやってみたいなと思っていた時に、自分の強みはずっとコーディネート提案をウェブでやってきたので、そういうものをビジネス的に見せられるのではないかなと思って、ブランド以外にやる選択肢がなかったんです。

—AKTEのブランドコンセプトはなんですか?
橋本:コンセプトはシンプル・アンド・リラックス・エッセンスモードです。一枚で色んな見せ方ができるものを作りたいです。自分も30歳に突入したので、より洗練された、無駄のないシンプルで、遊び心を忘れずに。30歳だからって変にピシってするのはつまらないです。ファッションを楽しみたいから、枠にとらわれずに、年を重ねることによってその都度好きなものって変わってくると思います。シンプルな中でもこういうシンプルが好きだとか趣向があるから、その時に寄り添ったアイテムを作りたいと思っています。

—デザインのインスピレーションはどこから得るのですか?
橋本:ファッションスナップとか、タンブラーとか、ピンタレストとかを見ることが多いですね。海外のスナップや、外国人の着こなしからインスピレーションを得ることが多いです。

—ブランドのこだわりはどこにありますか?
橋本:長く着れるもの。飽きがこない、シンプルなものを絶対に入れたいですね。自分の中で落ち着くのはシンプルなもの。そのアイテムを見て、すごくシンプルだけど、着てみたら意外とシルエットがとても綺麗だなと思えるもの、“シンプルの中のシルエット”ですね。

—AKTEの洋服を着ている女性はどんなイメージですか?
橋本:可愛い、かっこいいで言ったら、かっこいい女性ですね。ファッションが好きな人に着ていただけたらうれしいです。こんな着方してくれるんだ!とか、こっちも驚くような期待があります。

—ブランドの販売戦略を教えてください。
橋本:ECのみで考えています。SNSの公式アカウントはInstagramがメインでFacebookもありますが、特にInstagramのLIVE機能で手軽に配信できるようになっているから、自分が可愛いと思うものを着て紹介し、販売につなげていきます。そして、いずれは海外にも売っていきたいですね。

READ MORE