Brand New
  • share with weibo

Italy|「フェンディ」が故カール・ラガーフェルドに捧げるショーを開催

Jul 8, 2019.伊東花歩Tokyo,JP
VIEW22
  • share with weibo

「フェンディ(FENDI)」は、古代ローマの中心地「パラティーノの丘(Palatine Hill)」で、「ザ ドーン オブ ロマニティ (The Dawn of Romanity)」と名づけられた記念イベントを開催し、2019-2020年秋冬クチュールコレクション発表した。

この記念イベントでは、今年2月19日に亡くなったカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)と「フェンディ」との54年にわたるコラボレーションにちなみ、54ルックの作品が発表された。「フェンディ」のクチュールコレクションとしてのモダニティ、圧倒的なローマ史のパワー、さらにミラノを拠点に活躍するイタリア人作曲家、カテリーナ・バルビエリ(Caterina Barbieri)のライブ演奏など、いろいろな要素が美しく調和するショーとなった。

イベントの最後には、 ニューヨークを拠点に活動するR&Bデュオ、ライオン・ベイブ(Lion Babe)によるスペシャルパフォーマンスが披露された。ゲストには、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(Catherine-Zeta Jones)とその娘のキャリス・ゼタ・ダグラス(Carys Zeta Douglas)、スーザン・サランドン(Susan Sarandon)、ゼンデイヤ(Zendaya)、ゾーイ・ドゥイッチ(Zoey Deutch)、ウイニー・ハーロウ(Winnie Harlow)、キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)とフェデス(Fedez)、マリアカルラ・ボスコーノ(Maria Carla Boscono)、ルカ・グアダニーノ(Luca Guadagnino)、フランチェスコ・ヴェッツォーリ(Francesco Vezzoli)、そして日本からは森星が参加した。

READ MORE