Brand New
  • share with weibo

Japan|「PORTS 1961」が日本初のPOP UPを伊勢丹新宿でオープン

Oct 18, 2018.丁 雪晴Tokyo, JP
VIEW41
  • share with weibo

1961年にカナダトロントに誕生した「PORTS 1961(ポーツ1961)」が日本に初上陸し、10月17日から10月30日の間、伊勢丹新宿本館3階にてポップアップショップをオープンしている。「PORTS 1961」は日系カナダ人Luke Tanabe(ルーク・タナベ)によって設立され、2004年ニューヨークに拠点を移してデビュー。これまでパリ、香港、韓国、中国で店舗を展開しており、今回2週間、日本で初めてコレクションを披露する。初日にはクリエイティブディレクターのNatasha Cagalj(ナターシャ・カガウジ)が会場で顧客を迎えた。

今回のポップアップで展開するのは、2018年秋冬の“MADE IN”カプセルコレクションと、シューズやバッグなどのアクセサリー。ファッションが様々な国境を越えていくという「PORTS 1961」のオリジンを思い起こさせる “MADE IN ENGLAND”と“MADE IN ITALY” を大胆に表現したデザインが特徴だ。Natasha Cagaljはセントマーティンを卒業後、「Cerruti(セルッティ)」でデザイナーとしてキャリアをスタート。2001からAlber Elbaz(アルベール・エルバス)の右腕として「Lanvin(ランバン)」で活躍し、2005年には「Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)」のHead Of Designとして7年デザインチームを率いた経歴を持っている。

READ MORE