FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

女性のセルフケアブランド「イロハ」のポップアップがラフォーレ原宿にて開催中

Aug 20, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW263
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
PHOTO:SEVENTIE TWO

テンガ(TENGA)が手がける女性向けのセルフプレジャー・アイテムブランド「イロハ(iroha)」は8月20日に、ラフォーレ原宿でのポップアップストアをオープンした。「イロハ」は、「女性らしくを、新しく」をテーマに女性の「心地よさ」について真っ直ぐに考えたセルフプレジャー・アイテムを販売している。同ブランドは、大阪の大丸梅田店でこれまで3度のポップアップストアを開催し、その後の2019年11月には常設店をオープンしているが、都内でのポップアップは今回が初となる。

今回のポップアップのコンセプトは「Breathing」。「イロハ」は「セルフプレジャーは呼吸をするように自然なこと」であると考え、するもしないも自由だが、「する」「したい」という気持ちを持つ女性に寄り添い、何も考えずに自然に呼吸をするように「イロハ」のアイテムを楽しんで欲しいという意味が込められている。

のれんで仕切られ、プライバシーが保護されている店内は、白を基調とした明るくクリーンな空間。立ち寄りやすい雰囲気で、ドライフラワーを使用した空間演出などにより、セルフプレジャーをカジュアルに感じられる場になるよう工夫されている。店頭に並ぶ商品のラインアップは、日常的に使用できるソープ、化粧水、拭き取りミストなどのデリケートゾーンのケアアイテム「イロハ インティメート ケア(iroha INTIMATE CARE)」から、セルフプレジャー・アイテムまで幅広く用意されている。価格帯は、1,320円の「イロハ スティック(iroha stick)」や2,079円の「イロハ ミニ(iroha mini)」などアイテムが初めての人でも手を伸ばしやすい値段のものから1万890円のものまで様々。

大阪・大丸梅田店の常設店舗では20代後半から40代前半を中心に、上は80代まで幅広い年齢の利用客が訪れている。今回のポップアップには、店内の奥に個別でスタッフに相談ができるプライベートルームが設けられており、全ての人が自分に合うアイテムをじっくり選び、安心して購入できる居心地の良い空間となっている。

「イロハ」のポップアップストア「Breathing」は、ラフォーレ原宿の地下0.5で8月20日〜9月5日まで開催中。税込5,500円以上購入した人には、「一人ひとり違う心地よさを感じるように、様々な色や顔を持つお花をirohaと一緒に楽しみ、癒されてほしい」という思いが込められた色とりどりのドライフラワーがプレゼントされる。なお入場は18歳以上。

READ MORE