FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「ワクチントップス」として大注目を集めるカットアウトトップス 今年の夏はこれ1枚で決まる

Jul 24, 2021.山本凛Tokyo, JP
VIEW211
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ドリー・パートンのインスタグラム(@dollyparton)より

デコルテや肩やお腹の部分がカットアウトされている、つまり布の一部が切り抜かれているのが「カットアウトトップス」だ。なんの変哲もないトップスも、カットアウトがあるとそれだけでエッジが効いた今年らしいデザイン性の高いものになる。カットアウトトップスは、ありのままの自分をさらけ出すヘルシーなスタイルが注目されている時代背景にも合っており、幅広い層から人気を集めている。

カットアウトトップスは街中やコレクションなど、様々な場所に登場している。ハイブランドからは、ラウンドやトライアングル型の変形カットアウトや、ネット状にカットアウトされていてインナーや肌が露わになるデザインなど、攻めたデザインのカットアウトトップスが登場している。一方街中でも、夏に向けて薄着になるにつれて、1枚で決まるインパクトのあるカットアウトトップスを重宝している人は多い。部分的な肌見せなので、コンプレックスを隠しつつ見せたいところだけ見せられるデザインで、年齢に関係なく着用できる。また、レイヤースタイルにすることで季節に関係なく飽きずに着まわせるところも魅力だ。

海外では意外な理由で注目を集めている。なんと、新型コロナウイルスのワクチンを受ける時に最適だということで、「ワクチントップス」と呼ばれているのだ。腕の箇所にカッティングが入っていれば、服を脱いだりまくったりする必要がない。実際に海外セレブはこの「ワクチントップス」を着てワクチンを打ってもらう様子を発信している人も多い。

思いがけない理由で話題になっているカッティングトップスだが、もちろんファッション業界からも相変わらず熱い視線が注がれている。ワクチンを打つ人も打たない人も、今年の夏のワードローブにカットアウトトップスを1着追加してみるのはどうだろうか。

READ MORE