BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アヴェダ」がヴィーガンブランドとしての1周年を記念して朝比奈彩をジャパンアンバサダーに起用

Dec 27, 2021.松井香里Tokyo,JP
VIEW61
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アヴェダ(AVEDA)」は、動物実験を行わず、動物由来の成分を配合しない100%ヴィーガンブランドとしての1周年を記念して、朝比奈彩をジャパンアンバサダーに起用したと発表した。「アヴェダ」は今年1月、全てのヘアケア、スタイリング、ボディケア、スキンケア、アロマ、ヘアカラー製品をヴィーガン化させた。

朝比奈彩のアンバサダー起用に伴い、1月1日から「AVEDA meets AYA ASAHINA」と題したキャンペーンがスタートする。キャンペーンでは、「アヴェダ」ショップやサロン、公式サイトやSNSで朝比奈彩のビジュアルが展開される。また同日1月1日には、保湿ヘアケアラインの「ニュートリプレニッシュ」から、新・集中保湿ヘアトリートメントの「マスク ライト」(7,040円)と「マスク ディープ」(7,040円)の発売も開始される。キャンペーン動画では、普段の生活でもたまにヴィーガンを意識するという朝比奈彩が、ヘアケアでのこだわりや新製品のお気に入りポイントなどを語る様子も公開される。

ヴィーガン製品は、「動物性成分や動物由来成分を一切使用せずに製造された製品」と定義されている。ミツロウやハチミツを多く使用してきた「アヴェダ」にとっては、製品をヴィーガン化するにあたって、これらの成分を排除するのが最大の課題だった。「アヴェダ」は、3年以上の歳月を費やし、植物由来のバター類やワックス類といった自然界由来成分を使用した製品の開発を進め、2021年1月に100%ヴィーガンブランドとしての道を歩み始めた。

 

READ MORE