News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|「エーグル」のアーティスティック・ディレクターに「エチュード・スタジオ」の創設者チームが就任

Oct 12, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW17
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

1853年創設のフランスのライフスタイルブランド「エーグル(AIGLE)」は、アーティスティック・ディレクターに「エチュード・スタジオ(Études Studio)」の創設者であるオレリアン・アルベ(Aurélien Arbet)、ジェレミー・エグリ(Jérémie Égry)、ジョゼ・ラマリ(José Lamali)の3人が就任したことを発表した。

2012年にパリでスタートした「エチュード ・スタジオ」は、多様なフィールドで活躍するアーティストを擁するチームで、ファッション、アート、出版とカルチャーを融合するブランド。2016年に現在の〈エチュード〉に名を変え、パリとニューヨークを拠点に活動している。アルベらは「『エーグル』とヴィジョンを共有してその歴史に新たなページを刻むこと、また都市と自然のためにデザインされる現代的なシルエットを開発することを楽しみにしています」とコメント。「エーグル」のCEOであるサンドリン・コンセイエ(Sandrine Conseiller)は「我々のコレクションが望ましいものであれば、マーケットにおいてサステナブルなファッションを成長させることに成功すると確信しています。新たに『エチュード』のトリオが『エーグル』のアーティスティック・ディレクションを手がけることにより、『エーグル』ブランドにとっての最重要コミットメントをさらに強化できることと信じています。私たちを取り巻く世界に極力害を及ぼさない、環境に配慮された服やアクセサリーを作るということです」と述べた。

「エチュード」の3人による最初のコレクションは、2021年6月に発表される。

READ MORE