News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東証1部上場のアルペンの水野泰三会長が強制わいせつや窃盗などの容疑で逮捕

Feb 11, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW830
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
アルペンが展開する「ティゴラ(TIGORA)」

スポーツ用品販売大手のアルペンの会長の水野泰三容疑者(72)が、強制わいせつ致傷と窃盗、暴行の疑いで愛知県県中署に逮捕されたことが明らかになった。逮捕容疑は2020年11月29日、名古屋市中区の宿泊施設で、女性(42)の首を絞め、床に倒して馬乗りになり、体を触るなどのわいせつな行為に及んだうえ、現金10万円と運転免許証を盗んだ疑い。女性は腰椎捻挫などで3週間のけがを負った。女性からの被害届けを受けた警察が捜査を進め、防犯カメラを調べるなどして10日、逮捕した。水野容疑者は容疑を否認しているという。

アルペンは1972年に名古屋市押切にスキーショップを開業し、その後スポーツ専門店「スポーツデポ(SPORTS DEPO)」を全国展開するなどし、2006年3月には東京証券取引所市場1部に上場した。アルペンは本件についてコメントを発表していない。

【2月11日追記】
アルペンは水野容疑者の逮捕を受けて、2月11日に声明を発表した。「このような形で当社役員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、お客様、株主の皆様、お取引先企業様、ならびに当社グループに関係する全ての方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。現在事実関係を確認中ではございますが、当社グループはこの度の事態につきましては厳粛に受けとめ対処してまいります。今後も新たな事実関係が明らかになり次第、情報開示させて頂きます」と発表している。

READ MORE