News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|婦人服販売のベルッチインターナショナルが破産 暖冬と新型コロナが影響し負債は3億に

Jun 15, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW780
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ベルッチインターナショナル公式ホームページより

婦人服販売のベルッチインターナショナル株式会社は、6月4日に東京地裁に自己破産を申請し、6月9日に破産手続き開始決定を受けた。

1977年4月創業の同社は、婦人向けの自社ブランド「ベルッチインターナショナル(BELLUCCI INTERNATIONAL)」のジャケットやブラウス、ワンピース、コートなどの企画やデザイン、卸を手がけており、主に専門店や百貨店などに販売していた。東京都や埼玉県のホテルや百貨店で小売店「ボナスパジオ(Buona Spazio)」を展開し、2015年7月期には売上高約6億9000万円をあげていた。しかし、2019年10月の消費税増税や暖冬の影響で売り上げが落ち込み、さらに新型コロナウイルス感染症の影響を受けて資金繰りが厳しくなり、今回の措置に至った。負債総額は債権者約60名に対して約3億3000万円だという。

READ MORE