News
  • share with weibo

Global|「クレージュ」のアーティスティック・ディレクターにニコラス・デ・フェリーチェが就任

Sep 14, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW21
  • share with weibo

「クレージュ(Courrèges)」は、新しいアーティスティック・ディレクターにニコラス・デ・フェリーチェ(Nicolas Di Felice)を起用した。ニコラスによるファーストコレクションは2021年3月に発表される。

ベルギー出身のニコラスは、ラ・カンブル国立美術学校を卒業後に「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「ディオール(DIOR)」、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」でデザイナーとして働き経験を積んだ。ニコラスは「『クレージュ』の進歩的で包括的な創作のビジョンに、私はいつも魅了されてきました。メゾンに強い思い入れがあり、自分ならこのメゾンをどう表現するか、常々考えてきました。創作者のアンドレとコクリーヌと同様に、ファッションへの熱意を以って、オプティミズムで溢れた『クレージュ』のビジョンを、未来に生かし続けられることを誇りに思います」とコメントしている。

READ MORE