BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|コーセーが日本発プロダンスリーグ「D. LEAGUE」に参画 ブレイクダンサーを揃えた「KOSÉ 8ROCKS」を発足

Aug 18, 2020.Tokyo, JP
VIEW255
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

コーセーは、2021年1月10日に開幕する日本発のプロダンスリーグ「D. LEAGUE」に参画することを発表した。ブレイクダンサーを揃えたチーム「KOSÉ 8ROCKS」が出場する。今回の参画は、企業コーセーとしてのさらなる認知拡大と、チーム運営という新たな事業展開への着手とともに、同社が長年にわたり取り組んでいるスポーツ振興支援も目的としている。

「KOSÉ 8ROCKS」は、ブレイクダンス世界チャンピオンのISSEIをディレクター兼ダンサーに起用し、「FOUND NATION」「九州男児新鮮組」「K.A.K.B」などの有名ブレイクダンスチームから「D.LEAGUE」で優勝するためにメンバーを招集。各メンバーそれぞれがチームのメインを張れるような実力の持ち主10人で構成されている。アクロバティックな合わせ技を得意とし、高速で展開されるルーティーンやバラエティーに富んだ個人スキルの数々が、音楽との相乗効果で見るものを魅了。日本一のショーケースを決める大会「JAPAN DANCE DELIGHT」で2連覇を果たし、アメリカで開催された世界一を決める大会「WORLD OF DANCE」で優勝したメンバーが所属している。また、「男女混合チーム」であり、多様性、個性溢れるメンバーの織りなす表現力によって美しい力強さを発揮できるよう、チームの環境づくりからしっかりと整えていく。

「KOSÉ 8ROCKS」のコンセプトは、8人のメンバーで構成される競技であることから、8を無限(∞)と解釈。また、若いメンバーで構成されるチームには無限の可能性があるとの考えも込められている。同社のロゴマークが龍安寺の石庭からインスピレーションを得たというエピソードにちなんで、若いメンバーを龍安寺石庭の一つ一つの石に見立て、「完成されていない、ここから成長していける」というメッセージを取り、石の英語表記“ROCK”とHIPHOPスラングの“ROCK”する(雰囲気を支配するの意)をかけてネーミングした。

コーセーは「D.LEAGUE」への参戦を通じて、さらに拡大が見込まれるダンス市場において、日本だけでなく世界中のストリートダンスシーン全体を盛り上げ、美の創造企業として「美」「芸術性」「ファッション性」等の要素を含み人々の活気と健康を育む「ストリートダンス」を支援していくという。

READ MORE