BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ファーフェッチが高級化粧品ECのヴァイオレット・グレーを買収 Z世代向けビューティ部門を展開

Jan 29, 2022.Tokyo, JP
VIEW61
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ラグジュアリーファッションECを運営するファーフェッチ(FARFETCH)は1月28日、米国のラグジュアリー化粧品ECであるヴァイオレット・グレー(Violet Grey)を買収すると発表した。この取引は、2022年後半に予定されているファーフェッチのビューティ部門参入に先立って行われ、なお取引額は非公開。ファーフェッチのビューティ部門は、特にミレニアル世代・Z世代の顧客に向けたユニークなショッピング体験の提供を目的としている。

ヴァイオレット・グレーは、2013年にカサンドラ・グレー(Cassandra Grey)が設立したECサイトで、ハリウッドのメイクアップ・アーティストとネイル・アーティストが実際に使用するアイテムをを取り揃えている。2022年1月時点で140を超える全世界のコスメブランドを取り扱っており、日本の資生堂が販売する「SK-II」も含まれている。取引完了後、カサンドラ・グレーはファーフェッチ・ビューティ部門のグローバル・アドバイザーに就任し、NGG Beautyの共同創設者として全体的な戦略・方向性の決定に参加する。

ファーフェッチの最高顧客責任者であるステファニー・フェア(Stephanie Phair)は、「Beauty on FARFETCHの目的は、『ファーフェッチならでは(Only on FARFETCH)』の、年齢・人種・文化・性別を超えたサービスと、世界で最も幅広く、厳選された最高の製品を提供することです。革新的な機能を活用してユーザーにエキサイティングな機能を提供することで、ファッションと美容を交差させた商品をユーザーに示すことができます。ファーフェッチは、ニッチブランドとグローバルブランドを結集することで美容小売体験を変革し、境界のない美容を提供する環境を作り上げます」と述べている。

READ MORE