News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|ファーストリテイリングの2020年8月期連結決算は減収減益も2兆円の売上高をキープ 

Oct 15, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW115
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ファーストリテイリングは10月15日、2020年8月期の通期連結決算(国際基準)を発表した。売上高にあたる売上収益は2兆88億4600万円(前年比12.3%減)、営業利益は1,493億4700万円(同42.0%減)、当期純利益は903億9800万円(同49.2%減)だった。2018年8月期に同社として初めて年商2兆円を突破したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で減収減益だったものの売上高は2兆円をキープし、改めて同社の強さが浮き彫りになった内容だった。

国内のユニクロ事業は、売上収益は8,068億円(前期比7.6%減)、営業利益は1,046億円(同2.2%増)で減収増益となった。下期は新型コロナウイルスの影響で店舗の多くを臨時休業したため既存店売上高は前年同期比9.6%減となったが、Eコマースの売上高が下期は同54.7%増と好調を維持した。

海外のユニクロ事業は、売上収益は8,439億円(前期比17.7%減)、営業利益は502億円(同63.8%減)と減収減益だった。新型コロナウイルスの影響で大幅な減収減益となったが、グレーターチャイナは3月以降、想定を上回るペースで回復し、Eコマースは約2割の増収と好調だった。

ジーユー事業は、売上収益は2,460億円(前期比3.1%増)、営業利益は218億円(同22.5%減)と増収減益だった。グローバルブランド事業は、売上収益は1,096億円(前期比26.9%減)、営業利益は127億円の赤字(前期は36億円の黒字)で、セオリー事業などすべての事業が赤字となり、大幅な減収だった。

また、2021年8月期の連結業績予想も同時に発表した。売上収益は2兆2,000億円(前期比9.5%増)、営業利益は2,450億円(同64.0%増)、当期利益は1,650億円(同82.6%増)と、増収増益で過去最高益の水準とした。

READ MORE