BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

エイチ・ツー・オーの21年3月期は247億円の最終赤字 阪神阪急百貨店が苦戦

May 12, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW117
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

エイチ・ツー・オー リテイリングは5月11日、2021年3月期通期連結決算を発表した。売上高は7391億9800万円(前年は8972億8900万円)、営業損益は44億3800万円の赤字(同111億7100万円の黒字)、当期純損益は247億9100万円の赤字(同131億5000万円の赤字)だった。売上高は前期比17.6%減となり大幅な減収減益だった。

事業別では、百貨店事業は3477億6800万円で前年比は73,5%、食品事業は2811億1600万円で同79.4%、不動産事業は632億6200万円で725.1%となり、イズミヤや阪急オアシスなどは堅調だったものの主軸である阪神阪急百貨店の売り上げが苦戦し、最終赤字となった。

2022年3月期の連結業績予想および配当予想については、3度目の緊急事態宣言の延長が決まり、不透明な状況が続いているため未定とした。

READ MORE