BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「H&M」がこれまででもっともサステナブルなリサイクルデニムコレクションを発表

Sep 4, 2021.安江侑花Tokyo,JP
VIEW198
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「エイチアンドエム(H&M)」が2021年秋に向け、サステナブルデニムコレクションを発表した。展開されるアイテムにはバギージーンズやルースストレートレッグジーンズ、トラッカージャケットやオーバーサイズシャツ、バケットハット、買い物バッグなどが含まれる。今回のデニムコレクションは、ゆるいシルエットで遊ぶ、1990年代のリラックスしたクールさにインスパイアされてデザインされた。

今回のリサイクルコレクションでは100%リサイクルされた生地や糸、ラベルやポケット使用されている。さらに、金属製のジッパーと飾りも部分的にリサイクルしたものが使われている。デニムのウォッシング技術も環境への影響が少ないものが導入され、有害な化学繊維は使われていない。今回のデニムコレクションは「H&M」史上最もリサイクル素材を利用したコレクションといえる。

今秋はパッチワークのディテールと、ビンテージライトブルーやミッドブルー、ビンテージブラックやクールグレイなどの90年代のデニムウォッシュにフォーカスが当てられている。新しいデニムコレクションはリサイクル素材の可能性にスポットライトを当て、世界のデニム愛者たちにより多くのサステイナブルな選択肢を提供している。

売れ残りや生産過程で廃棄されたアイテムや消費者が持ち寄った古着などからリサイクルされた100%リサイクルコットンが使われ、一部にはリサイクルポリエステルも使われている。また付属の飾りなども製造の段階で排除されてしまった素材から作られる。古着回収と生産廃棄両方から再利用することで、「H&M」の大きな野望である「循環生産システム」の実現へとつながるだろう。

 

READ MORE