BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

伊勢丹新宿や銀座三越が5月15日から衣料品売り場の営業を再開

May 14, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW195
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

三越伊勢丹は、5月15日から休業要請対象となっている都内4店舗の衣料品売り場の営業を再開する。再開する店舗は伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹立川店だ。三越伊勢丹は3度目の緊急事態宣言を受けて、食料品と化粧品以外の売り場を休業していたが、ほとんどの売り場で営業再開に踏み切る。三越伊勢丹は、仮に4月25日から5月31日まで一部の売り場を除いて休業した場合、売り上げは290億円減少し、営業利益は37億円減少すると試算していた。4月1日に就任したばかりの細谷敏幸社長にとっても、就任早々の試練であった。

東京都の小池百合子知事は、5月14日の定例会見で「高級衣料品などは生活必需品には当たらない」として、百貨店に対して休業要請に協力するよう改めて求めていた。しかし、百貨店が休業することで感染拡大を抑えることができるというエビデンスを示さないまま営業の自粛を求めていた。さらに、政府は緊急事態宣言の延長後、百貨店に対しては休業要請ではなく営業時間の短縮要請に緩和するとしていたにも関わらず、休業要請の継続を決めたのも小池都知事だった。

READ MORE