BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

NIGOが「ケンゾー」のアーティスティックディレクターに就任 

Sep 15, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW262
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
©️KENZO

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は9月15日、「ケンゾー(KENZO)」のアーティスティックディレクターにNIGOが就任すると発表した。LVMHの会長兼CEOのシドニー・トレダノ(Sidney Toledano)が任命し、NIGOは9月20日付けで「ケンゾー」のアーティスティックディレクターに就任する。NIGOは文化服装学院在学中にDJやスタイリストとしてキャリアをスタートし、1993年にはストリートブランド「ア・ベイシング・エイプ(A BATHING APE®)」を立ち上げ、米誌『TIME』に「アジアの英雄20人」に選出されるなど、世界的に知られている。

シドニー・トレダノは、「ケンゾーのアーティスティックディレクターとして、NIGOを迎えることができてとても嬉しい。非常に才能のある日本人デザイナーが関わることで、高田賢三が立ち上げたメゾンの歴史に新しいページを書き込むことができる。NIGOの創造性と革新性、そしてメゾンの歴史への愛着は、ケンゾーのすべての可能性を完全に表現できると確信している」とコメントしている。

また、NIGOは今回の就任について、「ケンゾーのアーティスティックディレクターに任命されたことを誇りに思います。高田賢三さんがパリに1号店をオープンした年に生まれ、私たちは東京の同じ服飾学校を卒業しました。ケンゾーがLVMHグループに加わった1993年、私はファッション業界でのキャリアをスタートさせました。高田賢三さんのオリジナリティを生み出すアプローチは、さまざまな文化を理解することによるものでした。それは私自身の創造性の哲学の本質でもあります。高田賢三さんの職人技の精神を受け継いで新しいケンゾーを創り出すことは、30年のキャリアの中で最大の挑戦であり、チームと一緒に達成していきたいと考えています」と語っている。

READ MORE