BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

コーセーの日本橋本社7階のイノベーション創出拠点「ココラボ」が本格稼働

Dec 7, 2020.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW399
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ココラボ」では、植物を各所に配置し、リラックスしながら活動できる環境を整備

コーセーは、今年3月に日本橋本社7階に開設した、新たな価値創出を狙う多目的スペース「ココラボ(KoCoLabo)」を本格稼動させた。「KoCoLabo」は、「KOSÉ Collaboration Laboratory」の頭文字をとり命名され、社員のリフレッシュや情報交換の場、セミナーの開催、試作品の評価や新ビジネスの 実証実験の場として活用していく。さらに、コロナ禍による働き方の変化で不足しがちな社員のコミュニケーションを補う役割も担いながら、社内外の幅広い情報や知識、スキルの習得に繋がるコンテンツの集積および社員の成長を促すイベントなどを実施していく。

11月24日から27日の間に「モノづくりウィーク」を開催、25日は、これまで長年にわたり実施してきた、個々の研究員の独自のアイデアを形にして提案し、企画や開発をはじめとした部門のインスピレーションを刺激する「研究アイデア提案会議」、26日と27日は、協力パートナーである取引先の技術と当社のアイデアを結びつける「外注フェスタ」を実施した。

コーセーは、これまで「コトづくり」の本社(日本橋)、「モノづくり」の研究所(王子)、「ヒトづくり」の研修センター(王子)を東京都内に配置し、有機的かつ機動的に連携してきた。社内外のコミュニケーションやコラボレーションの活性化によって、柔軟な発想によるアイデアの創出やセレンディピティを誘発させることを目指す。

READ MORE