BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

LVMHが「エミリオ・プッチ」を完全子会社化

Jul 8, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW144
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「エミリオ・プッチ」と「シュプリーム」のコラボコレクション

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、「エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)」の全株式を取得し、完全子会社化した。同社は2000年より「エミリオ・プッチ」の株式の67%を所有し傘下としていた。そして今回残りの33%を同メゾン創業一家から譲り受け、完全子会社となった。投資額は公表されていない。また、現地メディアは、創業者の娘であるラウドミア・プッチ(Laudomia Pucci)はヴァイスプレジデントのポジションから退き、同メゾンのアーカイブと遺産の保護に専念すると報じている。

創業者エミリオ・プッチは、1914年にイタリア・フィレンツェで最も古い由緒ある貴族の家族に生まれ、1947年にデザインしたスキーウェアが『ハーパーズバザー(Harper’s BAZAAR)』に掲載されたことがきっかけでファッションのキャリアを歩み始めた。1950年には、リゾートウェアを専門とするブティックをカプリ島にオープンした。プッチは当時の流行に逆らい、それまでになかった女性用の動きやすい服を作った。彼の服はどれも曲線に沿ったすっきりとした快適かつエレガントなデザインで、その後の10年間で女性ファッションで有名なグローバルブランドへと成長した。

READ MORE