BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

LVMHがアイテム製作のバックステージをフィーチャーする動画3部作を公開 伊勢丹新宿店スタッフも出演

Feb 5, 2022.Tokyo, JP
VIEW68
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
© LVMH

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は、同社の商品を製作する職人たちをフィーチャーする全3部作の動画シリーズ「ストーリー・ビハインド・ミー(The Story Behind ME)」を公開した。同シリーズは、LVMHのアイコニックなアイテムの製作に関わる人々の知性、感性、情熱、そして職人技を紹介するものだ。

第1話では「ブルガリ(Bulgari)」のクリエイティブ・ディレクターであるルチア・シルヴェストリ(Lucia Silvestri)や、プロトタイピング&ファイン・ジュエリー・ワークショップ・ディレクターであるマッシモ・ディ・ヴァレンティーニ(Massimo di Valentini)、セールスマネージャーのセルジオ・スクデラーリ(Sergio Scudellari)が登場し、「ブルガリ」のアイコニックな作品である「セルペンティ ネックレス(Serpenti Necklace)」の秘密を紐解いていく。

第2話では、「フェンディ(FENDI)」のレザープロダクト・デザイナーのマルコ・デ・ヴィンチェンツォ(Marco de Vincenzo)、アセンブリ・フィニッシング・マネージャーのアレッシア・ファッチン(Alessia Facchin)、セールス・コンサルタントのシャ・ジエ(Xia Jie)が登場し、同ブランドのアイコニックなハンドバッグ「ピーカブー(Peekaboo)」シリーズについて語っている。

第3話では、「ロエベ(Loewe)」のアーティスティック・ディレクターであるジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)、モデリストのマイテ・インファテス(Maite Infantes)、そして東京の伊勢丹新宿店で働くクライアント・アソシエイトのカシヤマ氏が登場する。カシヤマ氏は「私自身も(ロエベに)15年いて飽きがないっていうのは、ロエベが進化して変わり続けている、常に新しくなっているから。それが仕事になっているのは私のやりがい」と話した。

「ストーリー・ビハインド・ミー」は、LVMHのYouTubeチャンネルにて視聴できる。

READ MORE