BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

LVMHの2020年12月期通期決算は減収減益 過去最高を更新した前年から一転

Jan 28, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW298
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ルイ・ヴィトン」2021春夏メンズ・コレクション

LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン)グループは1月26日、2020年12月期の通期連結決算を発表した。売上高は446億5100万ユーロ(約5兆6260億円*、前年同期比17%減)、当期純利益は47億200万ユーロ(約5569億円*、同34%減)だった。売上高、純利益とも2桁増で過去最高を更新した前年から一転、今期は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で減収減益となった。

LVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)CEOは、「LVMHは、2020年に世界中が経験した前例のない健康危機に対して立ち直る力を示しました。私たちの最優先事項は、従業員と顧客の健康と安全を保護することであり、またパンデミックとの戦いを支援していくことです。私たちのメゾンは、ユニークなデジタル体験を通じてお客様の夢を実現し続けながら、敏捷でクリエイティブな力を示していきます」と、語っている。

*1ユーロ=126円換算(1月28日時点)

READ MORE