BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「モンクレール」の「モンド ジーニアス」が開催 東京では杏と福士蒼汰が、上海ではINTO1も出演

Sep 26, 2021.Tokyo, JP
VIEW1284
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
2 MONCLER 1952 M

「モンクレール(MONCLER)」によるデザイナーとの共同プロジェクト「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」は9月25日、「モンド ジーニアス(MONDOGENIUS)」を開催した。国境を越えて世界中の人々を結びつけるというコンセプトのもと、ブランドの文化に没入できるデジタル体験を通じて、世界5都市、11コレクション、11名のデザイナーのクリエイティブビジョンが30以上のプラットフォームで配信された。

イタリア・ミラノからの生中継で始まったオープニングでは、「モンクレール」のグローバルパートナーで、15回のグラミー賞受賞歴を持つアーティストのアリシア・キーズ(Alicia Keys)がホストを務めた。キーズは中国・上海から生中継する歌手で女優のヴィクトリア・ソング(Victoria Song)と交流しながら、全世界の観客をこの特別な旅に誘った。

今回フィーチャーされた都市は、ミラノと上海に、韓国・ソウル、米・ニューヨークと東京を加えた5都市。その中でも東京では、今回「モンド ジーニアス」に新たに参加することとなった「4 モンクレール ハイク(4 MONCLER HYKE)」のデジタルショーが東京テレコムセンターの丸いアトリウムで開催され、ガイド役は俳優の福士蒼汰と杏が務めた。「4 モンクレール ハイク」は、シンプルかつ実用的で、究極的にシンプルなエッセンスを表現。「モンクレール」のヘリテージである山に敬意を込め、スノードームに見立てられたセットアップの中で忠実に洋服にフォーカスが当てられた。明確なディレクションと実用主義的な コレクションの特徴を反映したショーとなった。

その他上海では、「3 モンクレール グルノーブル(3 MONCLER GRENOBLE )」「7 モンクレール フラグメント ヒロシ・フジワラ(7 MONCLER FRGMT HIROSHI FUJIWARA)」「モンクレール + ディンユー・チャン(MONCLER + DINGYUN ZHANG)」のショーが行われ、人気アイドルオーディション番組『創造営2021』で結成されたグローバルボーイズグループのINTO1から、ミカ(Mika)、ジョウ・クーユー(Zhou Keyu) そして日本人メンバーのサンタ(Santa)の3人が進行役として出演した。

ミラノでは、「1 モンクレール JW アンダーソン(1 MONCLER JW ANDERSON)」のショーが開催され、同コレクションとイタリアの映画監督ルカ・グァダニーノ(Luca Guadagnino)が共同制作したショートフィルムも公開された。主演は、ブロードウェイ『陽なたの干しぶどう(A Raisin in the Sun)』でトニー賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされている女優のソフィー・オコネドー(Sophie Okonedo)が務め、抽象的な物語を通して、カラフルな逃避行に焦点を当てたコレクションの対照的な要素を反映する作品に仕上がった。

ソウルでは「モンクレール + ジェントルモンスター(MONCLER + GENTLE MONSTER)」のショーが開催され、モデル・女優・歌手のイ・ソンギョン(Lee Sungkyung)とK-POPグループNU'ESTのメンバーで俳優のファン・ミンヒョン(Hwang Minhyun)が進行役を務めた。東大門デザインプラザを舞台に、デジタル化された社会で感情を測る方法を模索するインスタレーションとパフォーマンスがスタイリッシュにプレゼンされ、スワイプというアイディアがエモーショナルな表現を象徴した。

ニューヨークでは「6 モンクレール 1017 アリックス 9SM (6 MONCLER 1017 ALYX 9SM)」のショーが開催された。クリエイティブ・ディレクター、マシュー・ウィリアムズ(Matthew Williams)のデザイン精神が、自由奔放なアーティストでありミュージシャンのティーゾ・タッチダウン(Teezo Touchdown)のサウンドをフィーチャーしたエネルギッシュで親しみやすいアクトの中で、その文脈を表現した。

「モンクレール」会長兼CEO のレモ・ルッフィーニ(Remo Ruffini)は、以下のように述べている。 「今日、プロダクトだけでなく、コミュニティや私たちが共に形成したい文化がさらに重要な意味を持っています。世界は変化しており、人々は以前と同じものを求めておらず、ブランドに対してより多くのことを要求し、期待しています。私たちは新しいメッセージの先駆者となり、新たなコネクトとエンゲージメントの手段を見つけなければなりません。私の人生における最大のインスピレーションは、直接人から得たものでした。そして、モンクレールは、私たちが人々にインスピレーションを与えれば与えるほど、彼らも私たちにインスピレーションを与えてくれると考えています。 私は、体験とクリエイティブなビジョンが生み出すコミュニティを繋ぐ力を心から信じています。これこそが、『モンクレール ジーニ アス 2021』のクリエーションを先導した創造理念です」。

READ MORE