News
  • share with weibo

Japan|パタゴニア・インターナショナル・インクの日本支社の新社長にマーティ・ポンフレー氏が就任

Oct 1, 2019.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW404
  • share with weibo

パタゴニア(Patagonia)の子会社であるパタゴニア・インターナショナル・インク(Patagonia International Inc.,)は、前日本支社長の辻井隆行氏が退任し、10月1日からマーティ・ポンフレー氏(Marty Pomphre)が新日本支社長に就任したことを発表した。

ポンフレー氏は24年間にわたって経営幹部、コンサルタント、起業家として様々なビジネスに携わってきた。ナイキジャパンでアナリストとしてプロフェッショナルキャリアをスタートし、カテゴリーセールスマネージャーに就任。その後もフォッシルジャパンでオペレーションズディレクター、マネージングディレクターを経験したのち、アメリカ本社で複数の副社長を務めた。ポンフレー氏は「20年以上にわたりカスタマーとして強い憧れを抱いていたパタゴニアに加わることができ、とても嬉しく、光栄に思います。日本において、新しいミッションステートメントである“私たちは故郷である地球を救うためにビジネスを営む”をビジネスのすべての側面で適用し、気候危機に対する革新的な解決策を探すという明確な機会と責任の元に、我々は邁進していきます」とコメントした。

READ MORE