News
  • share with weibo

Global|「モンクレール」がインターパルファムとフレグランスのライセンス契約を締結

Jun 16, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW23
  • share with weibo
8 モンクレール リチャード・クイン

「モンクレール(MONCLER)」は、フランスのフレグランスメーカーのインターパルファム(Interparfums SA)とフレグランスや関連製品の製造と販売に関する独占的なライセンス契約を締結したことを発表した。契約期間は2026年12月31日までを予定しており、5年間の契約延長の可能性もあるという。

1982年に設立したインターパルファムは、「コーチ(COACH)」「ジミーチュウ(Jimmy Choo)」「ブシュロン(BOUCHERON)」「ダンヒル(Dunhill)」などとライセンス契約を結び、フレグランスの製造と販売を手がけてきた。「モンクレール」の初となるフレグランスラインは2022年に発売する予定で、モンクレール店舗や一部の百貨店、セレクトショップ、免税店で展開するという。「モンクレール」の会長兼CEOを務めるレモ・ルッフィーニ(Remo Ruffini)は「『モンクレール』のDNAと独自のアイデンティティを調和したフレグランスを開発するにあたり、インターパルファムの専門知識と創造性は理想的なパートナーだ。初となるフレグランスラインの発売は、我々のブランド戦略と一致しており、顧客のブランド体験をさらに豊かにすると確信している」とコメントしている。

READ MORE