News
  • share with weibo

Japan|出生数がついに90万人を割り込み人口減が鮮明に 1899年の統計開始以来の最少数

Dec 25, 2019.高村 学Tokyo, JP
VIEW62
  • share with weibo

厚生労働省が2019年12月24日に発表した今年の人口動態統計の年間推計によると、日本人の国内出生数は86.4万人となった。1899年の統計開始以来初めて90万人を割り込み、過去最少の出生数となった。少子化が想定を上回る速さで進んでおり、出生数が死亡数を下回る人口の自然減も51.2万人となり、人口減は鮮明だ。出生数は、第1次ベビーブームの1947年からの3年間に年間260万人を記録したが、2016年に100万人を割り込み、2018年には約92万人と過去最少を更新していた。2008年の1億2808万人でピークを迎えた日本の人口は2050年前後に1億人を割り込むと言われているが、その減少ペースがさらに加速しそうだ。

READ MORE