BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「六本木ヒルズ」けやき坂の「サルヴァトーレ フェラガモ」と「ロロ・ピアーナ」が閉店

Jan 25, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW7702
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「六本木ヒルズ」のけやき坂通り(PHOTO:SEVENTIE TWO)

「六本木ヒルズ」のけやき坂通りにある「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」と「ロロ・ピアーナ(Loro Piana)」、そして「クリストフル(Christofle)」が営業を終了した。昨年から今年にかけて商業施設からの撤退が相次いでおり、「ギンザ シックス(GINZA SIX)」では「アディアム(ADEAM)」や「3.1 フィリップ リム(Phillip Lim)」「シュウ ウエムラ(shu uemura)」「ジョンマスターオーガニック セレクト(john masters organics select)」など、1月19日までに全店舗の約1割にあたる22店舗が営業を終了している。同じ銀座エリアにある「東急プラザ 銀座」では、「クルチアーニ(Cruciani)」は昨年12月9日に撤退し、「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」は今年1月28日で営業を終了する。

商業施設だけではなく百貨店の苦戦も鮮明だ。日本百貨店協会が1月22日に発表した2020年の全国百貨店の売上高は、前年比25.7%減の4兆2204億円となり、3年連続で前年実績を下回った。インバウンドは、同80.2%減の686億円だった。12月単月でも前年同月比13.7%減で15カ月連続でマイナスとなり、宝飾品などの高額品需要は底堅く推移したものの、新型コロナウイルスの感染再拡大による自粛気運の影響をカバーするには至らなかった。

READ MORE