BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂がWWFジャパンの「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に参画 サステナブルな社会の実現へ

Feb 22, 2022.Tokyo,JP
VIEW27
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂は、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)が掲げる「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に参画すると発表した。容器包装や使い捨てプラスチックの海洋汚染と気候変動問題の解決に取り組み、さらなるサステナブルな社会の実現を目指す。

「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」の参画企業は、2025 年までに容器包装や使い捨てプラスチックの海洋汚染と気候変動問題の解決に向けて以下5つの取り組みを行なうことを約束する。

  1. 問題のあるもの、および、必ずしも必要のないものの使用を取り止める。代替素材への切り替えの際はその持続可能性を十分考慮する
  2. 可能な限り、リユース (他の素材のリユースを含む) へと切り替える
  3. 可能な限り、リユース、リサイクル可能なデザインとする
  4. リサイクル素材の意欲的な使用目標を設定する
  5. リユース、リサイクル率を向上させるためにステークホルダーと協力する

資生堂は、環境課題の対応として、「地球環境の負荷軽減」「サステナブルな製品の開発」「サステナブルで責任ある調達の推進」の3つのアクションを定め、全バリューチェーンを通じて、さまざまなステークホルダーとともに、環境負荷の軽減とサステナブルな資源の利用に向けた取り組みを推進している。「サステナブルな製品の開発」においては、2025年までに化粧品容器を100%サステナブルな容器包装にすることを目標にし、プラスチック量削減と環境負荷低減が期待できる「つめかえ・つけかえ」容器の採用や、リサイクルしやすい容器設計、さらに使用済み容器の店頭での回収などの取り組みを積極的に展開している。同社は企業使命である「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD」のもと、「人々が幸福を実感できる」サステナブルな社会を実現するために、「美」を楽しめる地球環境に貢献する。

 

READ MORE