News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「SHISEIDO」がWHOと国際連合によるコンテンツ作成協力に参画

May 7, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW50
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「シセイドウ(SHISEIDO)」は、世界保健機関(以下、WHO)と国際連合の新型コロナウイルス感染症拡大防止のために優先する6つのアクション(キーメッセージ)を促進するためのコンテンツ制作に参画することを発表した。この活動はWHOと国際連合が全世界のクリエイティブ産業への協力を呼び掛けているもので、6つのアクション(キーメッセージ)は、個人の衛生管理(Personal Hygiene)、身体的距離の確保(Physical Distancing)、症状の理解(Know the symptoms)、やさしさの伝染(Kindness contagion)、迷信への対抗(Myth busting)、さらなる行動、寄付を(Do more, donate)となっている。今回「シセイドウ」は、やさしさの伝染(kindness contagion)を伝える2つのデジタルコンテンツを制作した。

1つ目は世界中で馴染みのある手のジェスチャー写真をアニメ化し、誰もが使える世界共通語を制作。コンテンツを通じて接触することなく交わせる挨拶や交流、やさしさをつなぎ、社会とのつながりや一体感を広め、人と人とのつながりがいかに大切であるかを改めて感じることができる。

2つ目は日本の伝統的な工作の折り紙から着想を得たフィルターを通じて、自分の大切な人や知らない人にも心を開くことの大切さを表現。フィルターの最初に登場する折り紙で折られたハートが開くと、相手への感謝を表現や、友人の近況確認など、やさしさのための6つのアクションを表すことができる。これらのコンテンツは「シセイドウ」の公式Instagramで順次公開していく。

READ MORE