BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

三省堂書店が神田神保町の本社ビル建て替えのため閉店 竣工は2025〜6年を予定

Sep 4, 2021.西岡愛華Tokyo, JP
VIEW71
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
三省堂の神保町の本社ビル

三省堂書店は9月2日、千代田区神田神保町の本社・本店ビルを建て替えると発表した。現社屋は1981年3月に創業100周年記念事業として竣工されたもので、それから現在まで神保町本店(旧・神田本店)として使用されてきた。建設から約40年が経過し建物設備の老朽化が進んだことから、同社は今回の建て替えに踏み切った。

今回の建て替えに該当する敷地面積は、隣接する第2・第3アネックスビルを含め敷地面積合計1,745.88平方メートルになる。計画としては、2022年3月下旬に神保町本店の営業を終了し、同年4月より解体を開始、その後2025~6年頃の竣工が予定されており、本の街・神田神保町にふさわしい新店舗を目指して建設されるという。また、それに伴い本社部門の移転が予定されていたが、移転先及び工事期間中の仮店舗は未定。

READ MORE