BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂の魚谷雅彦社長が年頭所感「創業150周年を迎える2022年は希望の年」

Jan 5, 2022.高村 学Tokyo, JP
VIEW161
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
資生堂の魚谷雅彦代表取締役社長CEO

資生堂の魚谷雅彦代表取締役社長CEOは1月1日、新年を迎えて2022年の年頭所感を発表した。1872年に民間洋風調剤薬局として銀座に創業してから今年で150周年を迎える資生堂は、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指し、さらには美容業界を牽引していくフロントランナーとして「美」を創り続けていく覚悟を示している。150周年を迎える今年は、資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」にて、年間を通じたイベント「A BEAUTIFUL JOURNEY」を全館で開催するなど、「美」にまつわる様々な体験を提供していく予定だ。

魚谷雅彦社長は、創業150周年を迎える今年を「希望」の年とし、新たな未来を切り開くための一歩を踏み出していくという。魚谷雅彦社長は、「企業使命『BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD』のもと、美の力を通じて社会の課題解決や発展に寄与するための大きな節目となり、環境問題やダイバーシティの実現という社会課題に対して、さまざまなイノベーションに積極的に取り組み、世界中の人々を美しく、笑顔に溢れ、希望に満ちた日々を創出して参ります。そし て、生涯を通じて一人ひとりの健康美を実現する『PERSONAL BEAUTY WELLNESS COMPANY』を掲げ、美の力を通じて『人々が幸福を実感できる』サステナブルな社会を実現します。その取り組みとして、全世界約4.6万人の社員とともに経営ビジョンを考えるプロジェクトを発足し、社員と力を合わせて未来の資生堂を創ります」と、周年となる今年の思いについて語っている。

READ MORE