BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|資生堂の半期決算は赤字 通期も赤字を予想

Aug 7, 2020.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW181
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

資生堂の第2四半期(1月1日〜6月30日)決算が8月6日に発表された。
売上高:4178億1200万円(前年比−26.0%)
営業利益:−34億3600万円(前年689億8000万円)
経常利益:−63億5300万円(同679億6500万円)
親会社株主に帰属する四半期純利益:−213億7600万円(同524億5200万円)

地域別に営業利益を見てみると:
日本:52億円(前年比−87.5%)
中国事業:77億円(前年比−57.4%)
アジアパシフィック事業:−6億円(前年32億円)
米州事業:−186億円(同−32億円)
欧州事業:−99億円(同−50億円)

不確定要素が多いため延期されていた通期業績予想が発表になった。資生堂によると感染拡大によって再度の緊急事態宣言発令や、各国におけるロックダウンの可能性は織り込んでいない。
売上高:9530億円(前年1兆1315億4700万円)
営業利益:0(同1138億3100万円)
経常利益:−65億円(同1087億3900万円)
当期純利益:−220億円(同735億6200万円)

配当については、中間配当が30円から20円へ、期末配当が30円から20円へそれぞれ減額される予定だ。また社長が月額基本報酬の30%、副社長・常務が同15%、執行役員等が同10%をそれぞれ今年8月から12月まで減額されることが取締役会で決議された。

READ MORE