News
  • share with weibo

Japan|ファッション系PR会社の草分けステディスタディがサニーサイドアップグループに6億円で全株式譲渡

Jan 28, 2020.セブツー編集部Tokyo, JP
VIEW82
  • share with weibo

ステディスタディ(代表取締役:吉田瑞代)は2020年1月27日、PRやマネージメント事業を手がけるサニーサイドアップの親会社のサニーサイドアップグループ(以下、SSUG)へ全株式を譲渡し、傘下に入ることを発表した。譲渡金額は6億円。ステディスタディは、2000年にファッション・ライフスタイルブランドのPRを代行するアタッシェ・ドゥ・プレスとしてスタートし、「モンクレール(MONCLER)」や「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)など、約40ブランドのPRを手掛けている。今回のSSUGへの株式譲渡について、「創業20周年を迎え、より発展したPR・マーケティング会社へと成長すべく、多種多様なマーケティング・コンテンツ開発事業を手がけるSSUGへの参画を決定した」と、同社HP上で説明している。吉田瑞代氏はそのまま代表に留まり、サニーサイドアップグループの渡邊徳人代表取締役副社長が新たに代表取締役副社長に就任し、同時にステディスタディの岡本慶美、石川亜耶、大竹貴也の3名が執行役員に就任する予定。

READ MORE