News
  • share with weibo

Japan|ファストリ柳井正氏が京都大学に100億円を寄付

Jun 25, 2020.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW46
  • share with weibo
写真提供:京都大学

京都大学は、「ユニクロ(UNIQLO)」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長から、総額100億円の寄付を受けると発表した。ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑特別教授と、山中伸弥教授の研究を支援する。

本庶特別教授が進めるPD-1 阻害がん免疫療法を推進するとともに、次世代を担うがん免疫療法の研究者を育成を支援するため、京都大学は「柳井基金」を設立。2030年までの10年間で総額50億円を寄付する予定で、未知のがん免疫機構に関する基礎知見の集積と新規がん免疫治療シーズの発見や、がん免疫治療を最適化する薬剤選択や他の薬剤選択との併用法の開発、がん免疫治療で恩恵を受ける患者を識別する方法の開発などのがん免疫分野における研究と人材育成拠点として、世界をリードできる組織へと発展していくとされる。

山中教授には、2023年までの3年間で5億円が新型コロナウイルスに関する研究に充てられる。新型コロナウイルス既感染者由来iPS細胞の樹立と分化細胞を用いた病態解明を目的とする研究や、新型コロナウイルス感染モデルを構築し治療薬やワクチンの開発に向けた研究などが行われ、これにより新型コロナウイルスの自動化・高速化された検査体制の構築や、医療従事者の感染状況の把握により効果的な感染対策の実施が可能になることが期待されるという。また、2021〜2029年の9年間で45億円の寄付を受け、自己由来のiPS細胞の製造・保管・提供を目指す「myiPS細胞プロジェクト」を進めていく。

READ MORE