BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|「ザ・ノース・フェイス」が牽引 ゴールドウインの2020年3月期決算は3期連続で最高益を更新

May 15, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW1035
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ゴールドウインとスパイバーが開発した「ムーンパーカ」

ゴールドウインは5月14日、2020年3月期の通期決算を発表した。売上高は978億円(前年比15%増)、営業利益は174億円(同47%増)、当期純利益は107億円(同16%増)だった。売上高は10期連続の増収、営業利益は12期連続の増益を達成し、3期連続で過去最高益を更新した。売上高の80%を締めるアウトドア関連の事業が好調で、特に今期も2桁増を達成した「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」が業績に貢献した。

年商1000億円が目前だが、2021年3月期の見通しは厳しい。同日発表した通期業績予想は、売上高は750億円(前年同期比23.4%減)、営業利益は35億円(同80%減)、当期純利益は33億円(同68.9%減)とした。5月8日時点で、直営店155店舗中、150店舗が閉鎖しており、新型コロナウイルスの影響を受けている。同社は、非常事態終息後のニューノーマルに適応し、持続可能なビジネスモデルへの転換を図り、次期中期経営計画に続く成長戦略の基盤作りを推進していくという。

READ MORE