News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

US|Tiffany & Co.が新イノベーション・ワークショップを立ち上げ

Jul 18, 2018.丁 雪晴New York, US
VIEW11
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
Tiffany & Co. 公式インスタグラムより

「Tiffany & Co.(ティファニー)」は2018年6月、新たなイノベーション・ワークショップを立ち上げた。同社副社長のダナ・ナブレズニー(Dana Naberezny)は「ジュエリーの初期設計の段階で、よりスピーディーかつ柔軟に商品を開発するために立ち上げた。創作しながらリアルタイムでコミュニケーションできる環境を作り、社内外の両サプライヤーが同時に新しい素材を開発することも可能になった。全ての技術を高めることで、生産のプロセスがより迅速かつクリエイティブになっていく」と語った。
新ワークショップの面積は約1579㎡で、オーダーメイドの可動式ワークデスクを設置し、社員がもっと快適にプロジェクトに集中できるようになっている。また、問題解決やクリエイティビティの向上、積極的なコラボレーション支援を一カ所で行う多目的空間を作った。顕微鏡などの精密測定ツールは、全てオーディオ・ビジュアルシステムに反映することができ、画像を共有することによって、ブランドとサプライヤーのコミュニケーションをよりスムーズなものにしている。ワークショップの中には18台のジュエリー・ワークデスクがあり、宝石のセッティングと3Dプリント、レザー溶接、研磨など様々な金属加工装置が備わっている。
「Tiffany & Co.」は1837年にニューヨークで創業して以来、ラグジュアリーなジュエリー設計と制作を貫いてきた。シンボルカラーである“ティファニーブルー”は、世界中の女性の憧れになっている。現在では世界20カ国以上で、300店以上出店している。

READ MORE