BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東急百貨店本店が23年に解体へ LVMH系投資会社と松濤エリアを再開発

May 13, 2021.高村 学Tokyo, JP
VIEW198
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

東急は5月13日、東急百貨店とLVMHグループ傘下の投資会社のLキャタルトン(L Catterton)との3社で東急百貨店本店(渋谷区道玄坂二丁目24番)の建物を解体し再開発すると発表した。東急百貨店本店は2023年春以降に解体工事に着手し、隣接するBunkamuraは大規模改修工事を実施するため同年4月より長期休館する。具体的な計画の企画検討や設計は今後としているが、松濤エリアに新たな商業施設が誕生する。

Lキャタルトンは、全世界で17のオフィスを構え、250億ドル以上の資金を有する投資会社。これまでに「ギンザ シックス」なども手掛けてきた。Lキャタルトンは、「東京の中でも渋谷は世界でも有数のアイコニックな街であり、松濤エリアは由緒ある住宅街として知られています。そのような特徴ある二つのエリアの結節点において、東急グループとパートナーシップを組み、日本のファッションの中心地でラグジュアリーな魅力を高める計画を推進することを大変光栄に思い ます。東急グループと価値観を共有し協力しながら、お客様にユニークな体験を提供する東京中心部に おける次世代の施設を創り上げていくことを楽しみにしています」とコメントを出している。

READ MORE