BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アーバンリサーチ」のオンラインストアに第三者が不正アクセス 約31万人の個人情報が流出

Mar 10, 2021.Tokyo, JP
VIEW2027
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」は3月10日、公式オンラインストアにおいて第三者による不正アクセスが発生し、同社が保有していた会員の個人情報が流出した恐れがあることを発表した。

公式オンラインストアでは3月8日に不正アクセスが確認され、調査の結果3月7日夜から8日昼にかけて不正アクセスが発生したことが判明。8日に不正アクセスを行っていた特定のIPアドレス群からの通信を遮断するとともに、セキュリティ強化の対策を行ったという。

流出した恐れのある情報は、公式オンラインストアに連携されたUR CLUB会員情報のうち31万7326人分で、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、性別、会員ID、会員ステージなど。クレジットカード番号は含まれておらず、現時点において流出した個人情報の不正流用などの二次被害は確認されていない。

同社は、セキュリティ設定の強化の他に、該当する可能性のある会員への個別案内と会員資格の停止、個人情報保護委員会への報告、問い合せ窓口の設置を実施。公式サイトでは「不正アクセスに対するセキュリティ対策を実施するとともに監視体制を強化し、再発防止に努めてまいります。この度は、お客様や関係者の皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけ致しましたことを、重ねて心よりお詫び申し上げます。お客様に安心して安全にオンラインストアをご利用いただくため、セキュリティ体制の強化と再発防止に取り組んで参りますので引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」とコメントしている。

READ MORE