BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|ファーストリテイリングが決算を下方修正 新型コロナで売上高がマイナス2500億円の打撃

Apr 9, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW241
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
中国・上海の南京西路店

「ユニクロ(UNIQLO)」や「ジーユー(GU)」をグローバルに展開するファーストリテイリングは2020年4月9日、2020年8月期の通期連結決算(国際基準)を下方修正した。売上高は2兆3400億円から2兆900億円(増減率-10.7%)、営業利益は2450億円から1450億円(同-40.8%)、税引前利益は2450億円から1450億円(同-40.8%)、当期利益は1650億円から1000億円(同-39.4%)に修正した。増減率は2桁以上のマイナスとなった。新型コロナウイルス感染症の影響により、ユニクロ事業はその他アジア・オセアニア地区(東南アジア・オーストラリア・インド)で244店舗、欧州で97店舗、北米で62店舗、中国大陸で5店舗、日本で4店舗、グローバル合計で412店舗を臨時休業している(4月7日現在)ため、3月の実績に加えて、4月、5月は大幅減収するとみている。

READ MORE