BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ユナイテッドアローズが2021年3月期の業績予想を下方修正 最終赤字60億円の見込み

Nov 7, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW878
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
PHOTO:SEVENTIE TWO

ユナイテッドアローズは11月5日、2021年3月期の通期業績予想を下方修正した。売上高は1283億円(前年は1574億1200万円)、営業損益は65億円の赤字(同87億5800万円の黒字)、当期純損益は60億7000万円(同35億2200万円の黒字)の赤字になる見通し。新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言に伴い、出店する商業施設の休業や消費の落ち込みにより、売上高が当初の見込みより大幅に減少し、2020年春夏商品について例年以上に在庫が発生した。そのため該当商品の商品評価損を最大で15億円、さらに一部店舗の減損損失などで22億7000万円の特別損失を計上する見込みだ。ユナイテッドアローズの2020年3月期は創業以来初の通期での減収になったが、今期も厳しい状況が続いている。

 

READ MORE