BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Japan|ワールドが医療用ガウンとマスクの生産を開始

May 9, 2020.Tokyo, JP
VIEW163
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ワールド公式ホームページより

ワールドが、新型コロナウイルス対策支援として、医療用ガウンとマスクの生産を開始することを発表した。医療用ガウンは日本政府の要請に応じて、ワールドプロダクションパートナーズ主導で国内6カ所の自社工場中心に生産。主に手術以外の施術や簡易な処理、面会者や患者などに使用される医療用アイソレーションガウンで、9月末までに150万枚の生産を予定している。日本政府への納品を優先し、その後自治体への販売も行う予定。

マスクは、同社内で企画開発した国内の自社工場生産の洗える抗ウイルスマスクと、ポリジンマスク、サージカルマスクの3種を生産する。洗える抗ウイルスマスクは、繊維状の特定のウイルスを99%減少し50回洗濯しても抗ウイルスマスク性能を維持する。大人用だけでなくキッズ用、幼児用も生産し、7月までに30万枚を供給する予定。ポリジンマスクは、スウェーデンのポリジン社が開発した銀イオン(Ag+)の優れた抗菌防臭加工技術「ポリジン」の布マスク。洗濯しても何度でも使用することができる。大人用とキッズ用の2サイズ、それぞれ2色展開で7月までに10万枚を供給予定。サージカルマスクは三層・立体構造の不織布マスクで、1箱50枚入りで販売する。7月までに1,500万枚を供給する予定だ。

5月中旬を目処に「ワールドプレミアムクラブ」会員を対象に販売の案内を開始し、その後十分な生産準備が整い次第、ワールドオンラインストアを通じて予約販売を行う。一般企業、官公庁向けの販売も行う予定だという。

READ MORE