News
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

1日に15億円の売上 「ダブルイレブン」で“億元ブランド”のヤーマンが5年連続で1位

Nov 13, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW123
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

美容機器メーカーのヤーマンは、11月1日から11日まで開催された中国最大規模のショッピングカーニバル「双11(ダブルイレブン、独身の日)」で、中国最大のECサイト「Tモール」にて、電子美容機器部門における販売実績、売上シェアで5年連続1位を達成した。電子美容機器部門は、美顔器、美容ローラー、ボディケア美容器、脱毛器、スチーマーなどのカテゴリーで、ヤーマンは日本でも人気のRF美顔器「Bloom WR」や「フォトプラス プレステージS」などを販売した。

「双11」では、Weiboのフォロワー数が1487万人を超えるのKOLの薇娅(VIYA)を起用したライブコマースを実施し、約25秒間のライブコマースで用意した全在庫が完売した。

「Tモール」における「双11」のトータル販売実績は前年よりもさらに伸長し、2019年記録した美顔器カテゴリにおける史上最高売上額を更新した。コロナ禍の今年は、従来の11月11日に加え、11月1日~3日もセール決済日となり、ピークが分散したが、それにも関わらず1日の売上が1億元(約15億円*)を超えた“億元ブランド”に美顔器カテゴリから唯一、3年連続でリストインした。さらに、同時に1日の売上が1億人民元をこえた単独店舗として、昨年に引き続き美顔器カテゴリから唯一「雅萌(ヤーマン)旗艦店」が2年連続でリストインした。

*1中国元=15円換算(2020年11月13日時点)

 

READ MORE