BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「Zepp Tokyo」や「チームラボボーダレス」が閉館に パレットタウンは再開発へ

Jul 22, 2021.Tokyo,JP
VIEW405
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

臨海副都心パレットタウン運営協議会は7月21日、臨海副都心エリアの複合型施設「パレットタウン」の営業を2021年12月から順次終了すると発表した。「パレットタウン」は、コンサートホール「Zepp Tokyo」や森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」、中世ヨーロッパの雰囲気が特徴的な商業施設 「ヴィーナスフォート(VenusFort)」や、モビリティの体験型テーマパーク「MEGA WEB」などが立ち並ぶ複合型エンターテインメントとして臨海副都心エリアの象徴的な施設だった。 

1999年3月に臨海副都心エリアに誕生し、2018年6月には「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」も加わり、オープンからこれまで国内外延べ約4億人の来場者を動員してきた。2021年12月31日には「MEGA WEB」、2022年1月1日には「Zepp Tokyo」、2022年3月27日には「ヴィーナスフォート」、2022年8月31日には「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」と「パレットタウン大観覧車」が営業を終了する。

「Zepp Tokyo」はこれまでaikoやサカナクション、miwa、MAN WITH A MISSIONなど様々なアーティストが公演を行ない、開業以来23年間で約1300万人の来場者を動員した。「Zepp​​ Tokyo」は公式ホームページで「実質的最終営業月になる12月はThanks & So Long!月間とし、何度も舞台に立って頂いたアーティスト様を中心に今後も全国のZeppでパフォーマンスを行って頂きたいアーティストの皆さまにご出演頂き、『思い出を』、『夢を』奏でながら感謝、そして笑顔で最終営業日を迎える所存でございます」とコメントしている。

施設閉鎖後は、森ビルおよびトヨタ自動車がエリアに新たな施設を建てることを企画・検討している。トヨタ自動車は現在、ロボット・AI・自動運転・MaaS・パーソナルモビリティ・スマートホームといった先端技術を人々のリアルな生活環境の中に導入・検証する実験都市である「ウーブン・シティ」を静岡県に開発中であり、都市開発に力を入れている。

READ MORE