BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

アダストリアが障がいを持つ人のニーズに応える服を制作 機能性にこだわった入院パジャマなど

Sep 8, 2021.松井香里Tokyo,JP
VIEW81
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

アダストリアは、障がいの有無や年齢、ジェンダーといった枠に関わらず、すべての人を孤立させずに包括するインクルーシブファッションを提案しており、その一環として「プレイ・ファッション!フォー・オール(Play fashion! for ALL)」を4月に始動させた。その「プレイ・ファッション!フォー・オール」から9月8日、持病や障がいを抱える人に向けた洋服6型が先行販売される。

「プレイ・ファッション!フォー・オール」は、社内公募で1人の社員が「社会にはさまざまな人が生活しており、だからこそ誰もが『同じじゃない』という当たり前を、もっともっとファッションにも取り入れたい」という想いを発信したことで生まれたプロジェクト。今回は、障がいや持病を持つアダストリアゼネラルサポートの社員3名にヒアリングが行われたのち、豊島の3D・CGデザインシステム「バーチャルクロージング(VIRTUAL  CLOTHING)」を活用してアイテムを制作した。

入院中の人のニーズに焦点を当てた「わたしに寄り添う入院パジャマ(4点セット)」(1万4,190円)は、点滴や注射時に袖をロールアップして固定できるなど機能性にこだわったアイテム。「車いすユーザーのこだわりカジュアル 袖パッチつきコットンパーカー」(7,040円)は、車いすをこぐ際にタイヤに擦れて袖が汚れてしまうという悩みを受け、内側に肘当てがつけられたパーカー。「車いすユーザーのこだわりカジュアル 袖パッチつきコーデュロイシャツ」(1万670円)は、パーカー同様肘当てがつけられ、握力が弱くても着脱しやすいようにスナップ式のボタンがつけられたシャツ。「低身長さんのカジュアルセットアップ バンドカラーシャツ」(7,040円)や「低身長さんのカジュアルセットアップ ワンダーシェイプジャケット」(1万6,720円)、「低身長さんのカジュアルセットアップ ワンダーシェイプパンツ」(10,670円)は、データとして取り込んだ個人の身体のサイズを、さまざまな角度から検証できる3D計測の長所が活かされて生まれたアイテム。「わたしに寄り添う入院パジャマ(4点セット)」は限定8セットで、「車いすユーザーのこだわりカジュアル」と「低身長さんのカジュアルセットアップ」の計5アイテムはそれぞれ限定3セットでの販売となる。

今回のプロジェクトで生まれた6アイテムは、クラウドファンディングプラットホームのキャンプファイヤーとグッドモーニングで先行発売される。

READ MORE