BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|「ファッションレボリューションウィーク」が開催、SNSキャンペーンなどを実施

Apr 24, 2020.Tokyo,JP
VIEW220
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
「ファッションレボリューションウィークジャパン」公式HPより

ファッション業界やアパレル産業の透明性を追及する世界的なムーブメント「ファッションレボリューション(Fashion Revolution)」の活動の一環である「ファッションレボリューションウィーク(Fashion Revolution Week)」が、4月20日から26日まで開催されている。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、予定していたトークセッション等のイベントは全て延期になり、今年は様々なハッシュタグを活用したSNS投稿キャンペーン等個人での参加が主軸となる。

同ムーブメントのきっかけは2013年4月24日に起きたバングラデシュのラナ・プラザビルの崩壊により1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった事故にあり、同ビルはヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く、安全管理や働き手の人権について疑問視されていた。この事故を受け、イギリスが本部となり翌年よりファッション産業を変革するためのキャンペーンが始まった。この取り組みの大きな目的は「who made myclothes?(私の洋服は誰が作っているのか)」について、知る機会を提供すること。それぞれが自分の洋服やファッションが手元に届くまでのプロセスに疑問を持つことにより、消費者が現在の衣料製作の現状を知り、世界の衣料製作従事者がよりフェアで安全な環境の中で働くことを目指すきっかけを作るムーブメントだ。

今年は「#whomademyclothes」をつけた投稿キャンペーンに加えて、「#thanksformakingmyclothes」という新しいハッシュタグを加えた。コロナ禍で改めて、「ファッション」という文化が日常生活の中で重要なパートナーであったかを実感しての感謝を込めたタグであるという。

READ MORE