BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

Global|ファーストリテイリングの20年8月期第3四半期決算は減収減益も6月の売上高は急回復

Jul 9, 2020.高村 学Tokyo, JP
VIEW167
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ファーストリテイリングは7月9日、2020年8月期第3四半期決算を発表した。売上高にあたる売上収益は1兆5449億円(前年同期比15.2%減)、営業利益は1323億円(同46.6%減)と、新型コロナウイルスの影響が大きく、計画を下回り減収減益だった。第3四半期の3カ月間(2020年3〜5月)では、売上収益は3364億円、営業利益は43億円の赤字だった。

部門別では、国内ユニクロ事業は、第3四半期の3カ月間の売上収益は1352億円(前年同期比35.5%減)、営業利益は75億円(同74.0%減)と大幅な減収減益だった。既存店売上高は、新型コロナウイルスの影響で3月下旬から5月のゴールデンウィークにかけて、最大311店舗を臨時休業したため、前年同期比で34.0%減だった。一方、Eコマース売上高は好調で47.7%の増収となった。

海外ユニクロ事業は、第3四半期の3カ月間の売上収益は1322億円(前年同期比45.0%減)、営業利益は14億円の赤字(前年同期は363億円の黒字)と、大幅な減収減益だった。新型コロナウイルスの影響で、3月から多くの店舗が臨時休業し、営業再開が想定より遅れた。グレーターチャイナは大幅な減収減益も、計画より速いペースで回復し、5月は増収増益を達成している。

ジーユー事業は、第3四半期の3カ月間の売上収益は551億円(前年同期比19.1%減)、営業利益は46億円(同61.8%減)と大幅な減収減益だった。3月下旬から5月ゴールデンウィークにかけて、最大192店舗を臨時休業し、既存店売上高は前年同期比で27.0%の大幅な減収となった。

また、国内の6月の売上高は急回復している。既存店とEコマースの売上高が前年比126.2%、直営店とEコマース販の売上高は前年比126.2%だった。月初から前年を上回る暑さとなったことで夏物商品の需要が高まり、エアリズムやブラトップなど夏物コア商品の販売が好調だった。「ユニクロ誕生感謝祭」も好調だったことにより、6月の既存店売上高は大幅な増収となった。

READ MORE