BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

在庫買取のshoichiがミカヅキモモコ事業を譲受で再始動 6店舗をオープン

Mar 5, 2021.鍋倉萌子Tokyo, JP
VIEW380
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

在庫買取業のshoichiは、三日月百子が運営する300円均一のバラエティ雑貨店「ミカヅキモモコ」事業の一部店舗を事業譲受すると発表した。

「ミカヅキモモコ」は、20~30歳代の子育て世代を中心に、学生も含む若年層を主要ターゲットとして、インテリア雑貨やファッション雑貨、アクセサリー類、小物雑貨など数千点に及ぶアイテムを取り扱っている。今回の事業譲受は、「ミカヅキモモコ」は雑貨商品やキャラクターグッズの取り扱いが強いことから、shoichiの取り扱い商品のカテゴリ拡大となりシェア向上が見込めると判断したという。商標も譲受するため、「ミカヅキモモコ」の店舗名は引き継いで運営する。

「ミカヅキモモコ」は、3月1日にアクロスモール新鎌ヶ谷店、ミエルかわぐち店、荻窪タウンセブン店、イオン長吉店、マリノアシティ福岡店、チャチャタウン小倉店の6店舗をオープン。また、3月8日にシネマタウン岡南店をオープンする予定だ。

1999年に設立した三日月百子は、2月8日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになっていた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で店舗が休業するなどし借入金も重荷になっており、負債額は2020年1月期末時点で約12億7500万円になっていた。

READ MORE