BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

スタイレムがeスポーツ向けウェアを提案 「ボルトルーム」など注目のゲーム業界とアパレルのコラボ

Jan 28, 2022.三澤さくらTokyo, JP
VIEW181
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

あらゆるスポーツ競技の選手にとってユニフォームが重要であるのと同じように、プロゲーマーにとってもユニフォームはチームのイメージを左右する重要なものだ。最近ではファンに向けてチームグッズが展開されることも多い。

繊維専門商社のスタイレムは2021年よりeスポーツ業界との取り組みに力を入れている。スタイレムはプロeスポーツチームREJECTのアパレルブランド「REJECT(リジェクト)」との取り組みを開始している。スタイレムはアパレルの受注生産だけでなく3Dを活用したデジタルサンプルの作成や、CG加工などさまざまなサービスを展開している。セットアップなどのチームウェアやユニフォームなどでは流行を取り入れた新しいスタイルを提案することで、eスポーツのなかにファッションを楽しむ要素を取り入れることを目指している。スタイレムは今後も「eスポーツ×ファッション」にフォーカスした展示会やイベントに出展する予定だ。

また最近ではゲームコミュニティ「ボルトルーム(VAULT ROOM)」がストリーマーやプロゲーミングチームとコラボしたアパレルグッズを多数展開し注目を集めている。1月15日に発売したVtuberユニット「クロノワール(ChroNoiR)」とのコラボレーションでは、ユニットの二人を刺繍したフーディーやTシャツなどを製作し、DOVER STREET MARKET GINZAやGR8などで販売している。芸能人でもゲーム配信をする人が増えてゲームコミュニティへの注目が集まる今、「eスポーツ×ファッション」の需要はますます高まっている。

 

READ MORE