BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「東京ミッドタウン八重洲」がグランドオープン

Mar 13, 2023.セブツー編集部Tokyo,JP
VIEW49
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

三井不動産は3月10日、八重洲2丁目北地区市街地再開発組合の一員として事業を推進してきた「東京ミッドタウン八重洲」をグランドオープンした。

「東京ミッドタウン八重洲」は「東京ミッドタウン」(六本木)、「東京ミッドタウン日比谷」に続く3つ目の東京ミッドタウンブランドとして開発された。JR東京駅と直結する地上45階、地下4階の大規模なミクストユース型(様々な空間用途)の施設だ。

商業ゾーンでは、「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド 」をコンセプトに日本のモノづくりとブランド価値を世界に発信する57店舗が集結。「ポーター(PORTER)」3つ目の旗艦店「PORTER TOKYO」や東京初となる「細尾(HOSOO)」のショールーム&ストア「HOSOO TOKYO」などがラインアップする。また、待ち合わせに、立ち飲みに、休憩に最適なパブリックスペース「ヤエスパブリック」には、個性豊かな11店舗が常に新しい発見を提案する。

他にも最新技術を完備した法人向けのシェアオフィス「ワークスタイリング」やビジネス交流ラウンジの「イノベーションフィールド八重洲」などが同ビルに入っている。2023年4月には「ブルガリ(BVLGARI)」が展開する「ブルガリ ホテル 東京」や、「バスターミナル東京八重洲」、「中央区立城東小学校」、子育て支援施設「昭和こども園」なども設け、ミクストユース型の街づくりを展開する。

また、開業記念し行われたオープニングセレモニーでは、当施設のイメージキャラクターを務める女優の生田絵梨花がゲストとして登壇。「東京ミッドタウン八重洲」についての質問に対し「お買い物をするお店やご飯を食べるお店はもちろん、ホテルやバスターミナル、小学校もあるということで、施設でありながら、まるでひとつの街があるような感覚になりました。まさに新しい風が吹いているなと感じています」と回答し、2階の「ヤエスパブリック」について「普段から東京駅は新幹線に乗る際などに利用するため、出発前や到着後に寄ってぜひ利用してみたいです」と自身の楽しみ方についてコメントした。

READ MORE