BUSINESS NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

ゾゾが昨年に引き続き最高実績を更新も通期見通しの上方修正はなし

Oct 28, 2022.伴野由佳Tokyo,JP
VIEW61
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail
ZOZOの澤田宏太郎社長(撮影:セブツー)

「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」「ウェア(WEAR)」などを運営するZOZOの2023年3月期の第2四半期決算(2022年4月1日〜9月30日)が10月28日に発表になった。
・売上高:837億6700万円(前年同期比+9.9%)
・営業利益:272億1000万円(同+14.4%)
・経常利益:274億3300万円(同+15.5%)
・親会社株主に帰属する四半期純利益:190億6700万円(同+15.3%)
全ての利益項目において2桁の増加を示した。商品の取扱高、営業利益はともに過去最高実績を更新。ただし直近に公表されている業績予想からの修正はなし。
「ゾゾタウン」の運営に限らず、「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」を活用した新事業のボディーマネジメントサービス「ゾゾフィット(ZOZOFIT)」の提供やファッションブランドの在庫リスクゼロを目指した生産支援プラットフォーム「メイド バイ ゾゾ(Made by ZOZO)」による受注販売を開始。また、今年で4回目となるゴルフのPGAツアー「ゾゾチャンピオンシップ(ZOZO CHAMPIONSHIP)」2022年大会を開催するなど新たな挑戦を続け、成長が続いている。
2019年9月、創業者の前澤友作氏から社長の座を引き継いだ澤田宏太郎氏は、トップ交代からわずか1年半で最高益更新を達成し、確かな実力を証明している。今後澤田社長が打ち出す一手や会社のさらなる展開に注目だ。

READ MORE