FLASH NEWS
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

「カシオ」の10月発売ウォッチを一挙紹介!

Sep 15, 2021.酒井響子Tokyo, JP
VIEW4377
  • share with weibo
  • share with LINE
  • share with mail

カシオ計算機は、10月9日に「MT-G」シリーズの新製品として、ベゼルパーツに積層のカーボン素材を採用した「MTG-B2000YBD/B2000XD」を、10月15日には紺碧の海をイメージし透明感のあるサファイアガラスをベゼルに使用した「OCW-S6000」を発売する。

①ベゼルパーツに積層カーボンを採用した新たな外装デザインの「MT-G」

耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、メタルと樹脂の特長を融合させた「MT-G」シリーズの新製品として、ベゼルパーツに積層のカーボン素材を採用した「MTG-B2000YBD/B2000XD」を10月9日に発売する。「MTG-B2000YBD/B2000XD」は、デュアルコアガード構造により強度を高め、素材の質感を生かした「MTG-B2000」をベースに新たにベゼルパーツにカーボン素材を採用し、美しい外装デザインと軽量化を実現。「MTG-B2000YBD」は、側面のベゼルフレームをカーボンとグラスファイバーのシートを幾層にも重ね立体成型をすることで、「MTG-B2000」に使用されているステンレスのベゼルフレームと比較して約77%の軽量化を図った。最上層のカーボンシートを側面に回り込むように重ね、ラグ部分は筒状にカーボンシートを巻き付けることで耐久性を高めている。ベゼルのデザインに合わせて多角形りゅうずを採用したほか、側面から見える積層のグラスファイバー層と文字板のインジケーターにブランドカラーであるレッドをあしらい、デザインのアクセントにした。価格は15万9,500円。「MTG-B2000XD」は、ベゼルのトップ部分に高度なプレス加工と切削加工技術を駆使して複雑な形状に成型した積層のカーボン素材を採用。ベゼルパーツの側面から見える積層のグラスファイバー層には、新開発のカラーであるグリーンを使用し、スポーティかつ上質感あるデザインに仕上げた。価格は14万8,500円。両モデルともに、メタルにファインレジンパーツを組み合わせたレイヤーコンポジットバンドを採用。特殊な成形技術により、メタルのバンド裏面を空洞化させ樹脂の比率を増やすことで軽量化を図り、メタルの質感はそのままに装着性を向上させた。

②サファイアガラスベゼルを採用し紺碧の海を表現した「OCEANUS」

10月15日に発売するのは、紺碧の海をイメージし透明感のあるサファイアガラスをベゼルに使用した「OCW-S6000」。「Elegance, Technology」をコンセプトとした「オシアナス(OCEANUS)」より、上質な仕上げと薄型の美しいフォルムを追求した「オシアナス マンタ(OCEANUS Manta)」シリーズの新製品だ。ベゼルに耐傷性に強く厚みを持ったサファイアガラスを採用し、24面のファセットカットを施し立体的な多角形状に仕上げたうえで、ブルーブラックのグラデーションを基調に蒸着処理を複数回行い、あらゆる角度から透明感のある美しいブルーが楽しめるよう仕上げにこだわった。さらに「オシアナス」では初めて、加工が難しいサファイアガラスベゼルに都市コードを全周に刻印。チタンケースは、ベゼルの存在感が引き立つようシャープな面で構成しながら、4本のラグでベゼルを支える宝石のような造形にデザインした。サファイアガラスベゼルの質感に合わせると同時に視認性を高めるため、ミラー仕上げを施した漆黒の文字板を採用している。ケース厚はシリーズ最薄となる8.7mmで、スリムなデザインを実現した。価格は、シルバーが27万5,000円。ブラックが30万8,000円。

READ MORE